<< サンタ・クロースの不思議 ... Dear Santa 001 ... >>

Dear Santa 002   サンタ・クロースが日本に

e0093537_23335169.jpg日本にサンタ・クロースが登場したのは 意外に早い。

時は1874年 まだまだ江戸時代の名残が消えない明治7年のことだ。
ところは 東京・築地明石町。
現在千代田区一番町にある「女子学院」の前身「B六番女学校」が そこにあった。
その年 学校で盛大なクリスマス祭が催され そこに サンタ・クロースが出現したのだ。
祭りの主催者は 江戸南奉行所で与力を務めていた原胤昭(ハラタネアキ)。
殿様風ちょんまげ姿で現れたサンタ・クロース それは 戸田忠厚が扮したものだった。
文献には 栗津高明 岸田吟香 津田仙などが参加したと記されてある。

その14年前 1860年(もちろん江戸時代) 江戸の芝赤羽にあったドイツ公使オウレンブルグの宿舎で クリスマス祭が行われた記録がある。
イギリス公使のオールコックやアメリカのグランド将軍などが集まったその会場は 柱に杉の葉を巻きつけてクリスマス・ツリーに見立て いくつもの提灯や砂糖菓子を飾ったというから
サンタ・クロースの現れた築地にも そんな飾り付けがされていたのではないだろうか?
(ミカンで飾られた十字架を天井からぶら下げただけだった という話もあるが・・・)
 
どんなお祭り騒ぎだったのか?
想像するだけでも面白い。

その時代 すでにカメラがあったのだから 写真でも残っていたら見てみたい。
カメラの日本上陸は 1848年のことだから それから26年経っている。
きっと どこかに 映像は残っているのだろう ・・・ と思う。
[PR]
by jam909jam | 2009-12-18 23:16 | ★サンタ・クロース
<< サンタ・クロースの不思議 ... Dear Santa 001 ... >>