<< 白と赤 かやぶき屋根 >>

冷たい秋雨が好きなイワシャジン

つぼみが膨らむ頃 さてそろそろだと 玄関先の囲い袖の上に置く(飾っているつもり)。

ところが 開花するのは毎年決まって 冷たく細かな秋の雨の中。

鈴なりの枝が 雨の重みにうなだれてしまう。

だから この子の写真には 雨の中と部屋の中が多い。

だらりうなだれた枝に添え木をしてやったが なんだかその姿にあまり機嫌がよくないようだ。

「あたいたちはね 花を下向きに咲きたいのよ」

「これじゃあ いつも風に吹かれてるようで落ち着かないわ」

そう言われているようだ。

うなだれた枝がいいのか 花向きを下にしてやった方がよいのか ここで私はふと悩む。

「風に吹かれて 斜めに咲くのも 元気そうでいいんじゃない!?」

勝手にそう言い聞かせて枝を立たせ 雨上がりのすっきり空気とシャキッとした陽を浴びせた。

・・・ いやいや参った。 日差しがまぶし過ぎるとまただだをこねている。

ッタク~~ あれこれうるさいやつだと日陰に入れて パチリ。

あはははは もう斜めになった花のことなど忘れたようだ。

e0093537_17174129.jpg

[PR]
by jam909jam | 2010-10-11 11:45 | ◆My Garden
<< 白と赤 かやぶき屋根 >>