<< 卯の年明け 小さな小さなアピール >>

このまま そのまま

今年のイブも サンタには遇えなかった。

森の木々の葉はすっかり落ち 枝枝の向こうに月が見える。

シャツ一枚だったり シャツにダウンベストを着たり ベストの下にセーターを着たり

忙しい気温の変化に ワラワラしているうちに 日本海側からは 大雪便り

気がつけば セーターを手放せなくなり おまけに袖のついたダウンを引っ張り出していた。

枇杷の花が白く開き その初々しい姿の傍らに

爽やかなブルーに開いていたいくつもの紫陽花が その姿をそのままに赤く染まっていた。

もう 木は来年の芽を出し 新しい年の準備をしているというのに

風に負ける事もなく 全く落ちる気配が無い。

堂々と誇らしげなその姿に 剪定することなど出来るはずもない・・・。

きっと 雪がかぶっても このまま春を迎える気なのだろう。

このまま そのまま ・・・ 良いお年を!
e0093537_3593036.jpg

< 枇杷の花 >
e0093537_174266.jpg

[PR]
by jam909jam | 2010-12-29 04:00 | ◆多摩美の山
<< 卯の年明け 小さな小さなアピール >>