<< こだわってる訳じゃないけれど・・・ 気がつけば ・・・ >>

元気を出そう

川崎・多摩美の山トラストの会 会報「みどりの風」

その春号(4月発行予定)がまだ出来ないでいる。

連載を依頼しているおふた方から まだ原稿が届かないのだ。

原稿料も払わないで 厚かましいと思いながらも いくらなんでももう待てない・・・と

某大学 環境社会学教授に 「待っていました。 待っています。」 とメールを送った。 

こんな書き出しで返事が来た。

「ほんと、急ぎ作成します。地震のあと、すっかり放念してしまっていて申し訳ありませんでした。」

そうなんだよな それなんだよな ・・・・ 「放念」

でも 時は進み 別に大した意味も無く決めた予定とやらは 次々に迫ってくる。

当たり前の当たり前たる暮らし・社会に

その当たり前が何なのかとそれぞれが考え 思いめぐらしている今

当たり前に私も 当たり前に私の頭は動かず 手も動かない ・・・・・。


当たり前に 目の前のことを片づけたいと

それには ちょっと気分を変えてと

久々に ちょと前まで当たり前だったようにカメラをぶら下げて 多摩美の山をぶらつく。

新緑に「山が笑う」とはよく言ったもので そのみどりに幸せを感じ

日本タンポポの多い 草原を見ると 深紅のチューリップが一輪 あでやかに立っていた。

「やあ はじめましてのこんにちは お前はどこから来たの?」

チューリップは 春の光にゆっくりと小さく揺れた。
e0093537_4432327.jpg

[PR]
by jam909jam | 2011-04-29 04:47 | ◆多摩美の山
<< こだわってる訳じゃないけれど・・・ 気がつけば ・・・ >>