<< コスモスから学ぶ 春がやってきた >>

コスモスに募る思い

e0093537_1111226.jpg道端をコスモスいっぱいにしたい。

何年か そう思いながら なかなか実行できなかった。

うっそうとした雑草のはびこりに 躊躇していたのだ。

種をまいても この雑草たちにやられてしまう ・・・。

そう思っていた。

何年かかけて その雑草退治をした。 メドウゼージを植えたのも 雑草よりは と思ったのがきっかけだった。

そのメドウセージのおかげもあって 道端の雑草は減り メドウセージ街道に変貌した。

「さて そろそろ コスモスだなぁ~」 そう思ったのは去年だった。

ボクの話を聞いて 近くの人が 取り置きの(どこかでもらった)種袋を持ってきてくれた。

ボクも 花屋で種を何袋か購入した。

あちこちから 芽が出た時は ドキドキした。

「よし 今年は コスモスがあちこちで花開く ・・・」

しかし かなり蒔いたはずなのに その姿は消えてしまった。

専修大正門前のお店から 鉢植えのコスモスを何鉢かもらうことが出来 それを移植して 何とか楽しめないかと思ったが これまた 成長することはなかった。

「なぜだ?」 

ボクの結論は やっぱり園芸種は過保護で駄目なんだなぁ~ だった。

すっかり力を落としたボクだったが あちこちに群生するコスモスを見る度 思いは募るばかり。

ドライブの途中 夢中になって 種を採集した。

車の中には いつもコスモスの種専用の紙箱があった。 きれいなチョコレートの箱だ。

秋の終わり 箱は種でいっぱいになった。

今年の5月 その種を土に混ぜ 路端のあちこちに蒔いた。

「お願い 成長して きれいな花を見せておくれ」・・・ 願いを込めて。。。
[PR]
by jam909jam | 2012-06-23 11:12 | ◆多摩美の山
<< コスモスから学ぶ 春がやってきた >>