<< やっと10日 2006.12.19 >>

タイムスリップ

e0093537_2317156.jpg
ドアーを開けた瞬間、その空間に溶けた
石油ストーブのゆれる炎が壁に映り
その柔らかな暖かさは、忘れかけた母の胸・・・

ん?
遠くの鏡に映る男は、20の自分だった。
やあ! ちょっと気取ってポーズをとり、声なき挨拶をする。

サッチモが唄い続けている
コーヒーまでもが懐かしき匂い・・・
[PR]
by jam909jam | 2006-12-20 15:25 | ◆Photo note
<< やっと10日 2006.12.19 >>