<< 不思議でならなかった (モグラ) ゆったり流れる時間  (世田谷... >>

子どものころ  (シラサギ)

あちこちにあった小川。

橋の上から 水草の揺れる姿を いつまでも眺めていた 学校帰り。

ザリガニやカエル ドジョウやフナ

アメンボウやゲンゴロウ ・・・ 水辺に飛ぶトンボたち みんな友達だった。

年2回の大掃除では 障子を近くの小川に運んでヒルに食われながら洗ったのも 今は良き思い出。

その小川も 今ではアスファルトの道路になって道幅が広くなり 橋は交差点。

・・・・

成城の町はずれに 長い間 水の流れなかった「野川」がある。

「最近は また水が流れてる」

毎朝この「野川」沿いのサイクリングロードを散歩することを日課としたという成城の友人が 得意そうにその景観を話す。

いつも車で横断するが 特別気にもしていなかった。

いつも通りすぎる橋の上で信号待ちをしていた私に写ったのは 魚らしいものをくわえた「サギ」だった。

おお~ 結構水もきれいじゃないか 魚も住んでいるんだなぁ~~

急いで近くのコンビニ駐車場に車を停め カメラを持って走った。

数少ない 小川がそこにあった。
e0093537_11235783.jpg

* 食事の後 一息のシラサギ (野川大橋より <大橋といっても車3台分の幅 車3台でいっぱいの長さ)
[PR]
by jam909jam | 2008-08-18 11:40 | ◆Photo note
<< 不思議でならなかった (モグラ) ゆったり流れる時間  (世田谷... >>