人気ブログランキング |

<   2011年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

身の切られる思い

多摩美の山 お蕎麦屋さんのすぐ上にあった 大きなヤマザクラの木

それは 家を出て山を見た時に その美しい姿を楽しませてくれていた。

特に 夕日をバックに堂々と立つ姿は たまらなかった。

それが 雪の降ったあの日 根元の方から斜めに出た太い枝が無残に折れ

「もうこの木はダメだ」と伐採されてしまった。

その大木の輪切りに切断されゴロゴロと斜面に置き去りにされた姿は まだまだ老体には見えず

なんとも哀れである。

私に才があれば その木を何かの像に彫ってあげたいのだが ・・・。

春 そして 初夏を迎えるこの頃になっても まだその寂しさは癒えないでいた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

我が家の前斜面にある 4・5本の大きなヤマザクラの1本が横たわっているのを見つけたのは

先週の始めだった。

緑保全運動 多摩美の山トラストの会などの活動の甲斐あって

去年の11月 「多摩美特別緑地保全地区」に指定され 晴れて川崎市の緑になったばかりの斜面である。

近隣3町会で今後の保全管理を川崎市と協定しようという矢先の出来事である。

川崎市に連絡すると 月曜日に伐採業者がやってきた。

横たわった大木を除去し 今日火曜日は周りの大きな木も枝切り剪定してくれた。

木のなくなった寂しさはもちろんだが

なんだか嬉しくもあった。

川崎市の緑でなかったら こんなに早い対応はなかっただろう。

地権者に依頼するだけで 川崎市としては何もできなかったに違いないのだ。

「よかった 今は川崎市の緑で・・・・」なのである。
e0093537_136201.jpg


2010.4.8 夜桜を楽しんだ時の写真 (左奥に見えるヤマザクラがなくなった)
e0093537_149417.jpg

by jam909jam | 2011-06-22 01:36 | ◆多摩美の山

木陰最高

e0093537_1730334.jpg

子ども達の声の固まりが 波のように漂い

その固まりの合間を縫って 鳥のさえずりのように「ガンバレ~」 「キャァ~」の声が聞こえる。

かすかに音楽が流れ スピーカーから落ち着いた女の子の声

「今白が勝っています 赤も頑張ってください」

「白も赤も頑張ってください」

「4年生は 入場門に集まってください」

シートに仰向けに寝っ転がって 青い空に動く雲を眺めるていると

騒がしいはずの雑多の音が なんだか遠くから聞こえているような感じになる。

緑の傘が風に揺れ

「ここに上がらないでください」の貼り紙をされた滑り台が熱い光を受けている。

なんて涼しい木陰 なんて気持ちの良い土の匂い ・・・。


「○○君は さっきあっちにいたわよ」

「あの子 水筒の水がないのよ~」

「持ってくの? ほっときなさいよ のどが乾けば何とかするわよ」

「だってぇ~」

・・・

「そうそう あそこおいしいわよね~」

「昨日 旦那と行ったのよ」

「へぇ~ 珍しいじゃない」

・・・ 左右から 奥様達の声が聞こえる。


ボクの首筋に 何かが動く どうせアリンコだろう どこに行きたいだ?

ええっ! やめろよ~ 耳の中は勘弁してくれよ

くすぐったいよ~ ごめん もう我慢できない と手で払う。

今度は 腕から脇に ・・・ 。 また払う。

ああぁ 気持ちよく寝てたのに 仕方がない 起きて魔法瓶に入れてきたコーヒーでも呑むか ・・・。

ん? 徒競走の出番!? 写真? ・・・ はいはい 行きます行きます。
by jam909jam | 2011-06-04 17:35 | ◆Photo note

終われば あっという間

毎年恒例 妻(荒瀬順子)のコンサートも 無事終わった。

あいにくの雨だったが 会場はいっぱいのお客様。

いつものことながら 感謝感謝である。

客席約170~180ではあるが 自由席であるため入場者数が気になる。

多過ぎては 立ってもらうことになるし 少なくては運営収支に大きく影響する。

去年は 2週間前の予約数が100に満たず ドキドキ

当日までにバタバタと予約が入ったものの その数約20。

空席の目立つコンサートになるとあきらめていたら なんと当日券入場者が約50でほとんど満席になった。

リピーターが多くなったためか 当日の都合で行こう・・・といった人が多かったのだろう。

それにしても 小ホールでの10人20人の差は大きい。

今年は 前売り券と当日券を作り 当然値段に差をつけた。

約30年間 あちこちで(大ホールも含めて)コンサートを開いてきたが 初めてのことである。

そのおかげで 今年は 胃の痛くなることはなかった。

おかげさまで 前売りを予定した150枚は完売。

当日券の予約も入り 20枚が限度とした当日券は10枚で終わった。

丁度よかったのだ。 しかし これもラッキーとしか言いようがない。

わざわざ足を運んでくださったお客様に 満席ですからとお帰りいただくわけにもいかない。

過去に 中ホールでお客様があふれ 会場にも入れないことがあった。

当然クレームが入り 参ったことがある。

ただ その時は プロダクションが入っていたので それがクッションになって難をのがれたが・・・。

逆に こんなこともあった

1000人入る会場 切符はほとんど完売 ・・・ ところが 開けてびっくり 会場の半分以上が空席。

まとめ買いした人が その関係者にばらまいたのだ。 売れればいいってものでもない。

入場者数を予想する ・・・ 何度やっても 難しい。。。

ところで 300席くらいのいいホールないかなぁ~~~

e0093537_0445986.jpg

< 当日のプログラム >
1. ルッキング・バック   :デビット・フリードマン
2. 忘却           :アストル・ピアソラ 編曲 北條直彦
3. エイプリル・ジョイ    :パット・メセニー
4. はるかに        :フランチェスコ・パオロ・トスティ 編曲 佐藤允彦
5. 酒とバラの日々      :ヘンリー・マンシーニ 編曲 北條直彦
6. Flute & Piano duo
7. アイ・ガット・リズム変奏曲 :ジョージ・ガーシュイン 編曲 北條直彦
* 見上げてごらん夜の星を/ふるさと  ・・・ 東日本大震災に寄せて
8. キャラバン          :デューク・エリントン 編曲 北條直彦
9. 黒いオルフェ        :ルイス・ボンファ 編曲 佐藤允彦
10. いつか王子様が     :フランク・チャーチル 編曲 北條直彦
11. 500マイルズ・ハイ   :チック・コリア 編曲 北條直彦
* シンドラーのリスト     :ジョン・ウイリアムス ・・・ アンコール

< 出演者 >
 荒瀬 順子 Marimba & Vibraphone
東京藝術大学器楽科卒。ジュネーブ国際コンクール入賞。文化庁芸術祭優秀賞。パン・ムジーク国際現代音楽コンクールドイツ大使賞・マリンバ部門第1位、エディンバラ・アートフェスティバル参加、多様なアート(美術・舞踊・演劇・ファッションなど)とのジョイントパフォーマンスに数多く参加し、ジャンルを超えた音空間に挑戦してきた。久石譲プロデュースのCD「ムクワジュ」コロンビアではブースター付きマリンバ”ミトラ”で参加。ソロ、グループ、バンド活動を始め、オーケストラ、TV、映画、CM音楽などにも多く参加している。
 北條 直彦 Piano & Arrangement
東京藝術大学作曲科卒。作曲、ジャズ研究、ピアノ、現代音楽からジャズまで、クロスオーバーな守備範囲を持つ。東京文化会館、草月会館、府中の森芸術劇場等でオーケストラ曲、室内音楽等が演奏されている。ジャズの研究書として、コンテンポラリージャズピアノⅠ・Ⅱ。実践コード進行Ⅰ・Ⅱ。ピアニストとして、国際音楽の日ジャズフェスティバル、横浜ジャズプロムナード、横浜旭区ジャズフェスティバル、NHKスタジオ505、デジタル放送ミュージックバード他主演多数。CD「”ワルツ・フォー・デビー”オマージュ・トゥ・ビル・エヴァンス」「コンセプション」「インヴィテーション」等がリリースされている。国際ジャズ教育者協会日本支部常任理事等を歴任、現在、日本音楽舞踊会議理事、同公演局長、日本現代音楽協会会員、電子キーボード学会会員。
中川 昌三 Flute
東京藝術大学器楽科卒。クラシックはもとよりジャンルを超えて活躍。ヨーヨー・マ他多数のトッププレイヤーとの共演や海外公演も数多い。クラシックや現代音楽の演奏家としては昌己の字を使っている。パン・ムジーク国際現代音楽コンクール第2位、グループとして中島健蔵賞。数多くのオーケストラともソリストとして共演。CDリリースも大変多く、「プレリュード・フォー・オータム」「フォー・シーズンズ」「タッチ・オブ・スプリング」(JTのCFに使われ本人も登場)他多数。最近ではブラジル音楽グループ“FONTE”のアルバム「FONTE/Live at Corcovado」など。常にフルート音楽の可能性を追求し続けるパイオニアである。現在、桐朋短大講師、東邦音楽大学特任教授。

2011.4.17 改め 2011.5.29 会場: 狛江 エプタザール
by jam909jam | 2011-06-04 01:04 | ◆Photo note

梅雨もいいじゃないか

太陽の下にいるのが好き

木陰でコーヒーを飲むのが好き

風が好き

やさしい風もいいけれど 強風の中に立つのも好き

雪が好き

そして雨も好き

出来ることなら 傘などささないで歩きたいくらいだ。

衣服がびしょびしょになっても それはそれで好き。

台風の中に立つのも好き。

何が一番好きかって聞かないでほしい ・・・ みんな好きなんだ。

バタバタしているうちに

ラベンダーはつぼみを持ち

あちこちに ホトトギスが伸びている。

道路端にこんもり青葉を茂らせているメドーセージが つぼみの穂を出している。

今年は コスモスの種をあちこちに撒き散らしたから うまくいけば秋はにぎやかになる。

行きかう人たちの驚きの顔 ニッコリ顔を想像して 今からワクワク・・・。

小さな芽が出ているような気もするが まだまだその正体ははっきりしない。

そんな中で 笑っているのは 山アジサイ。

ブルーの花(ここでは花と言っておこう)は まだほんの少し開いているくらいだが

その兄弟 なぜかピンクに咲くこの子がとっても元気。

日が沈んでも輝いている ・・・。
e0093537_21462839.jpg

by jam909jam | 2011-06-01 21:51 | ◆My Garden