<   2016年 09月 ( 1 )   > この月の画像一覧

四人 と ひとり

e0093537_1422430.jpg ナオキ君とタイチ君とイサム君とヨシフミ君は、三年生。 おなじ小学校に行っていて、近所のなかよし四人組だ。 いつも四人で、野球をしたり、サッカーをしたり、元気に遊んでいる。

 でも、きょうは雨。
 雨の日でも外で遊びたいと思うのは、ナオキ君。 イサム君は、雨にぬれるとカゼをひくから、外で遊ぶのはやめたほうがいいと思っている。 ヨシフミ君は、お天気の日でも家の中が大好き。 もし雨の中で遊んだら、そして、ずぶぬれになって帰ったら、お母さんにしかられるからいやだと思っているのはタイチ君。 お母さんがこわいのは、タイチ君だけじゃない。 だからけっきょく、雨の降っている日に外で遊ぼうなどと言い出す子はいない。 雨の日は、だれかの家に集まって、昆虫図鑑を見たり、絵を描いたり、テレビゲームをしたりで遊ぶことになる。

 最近は、こどもたちの間でミニヨンクと呼ばれる模型自動車で遊ぶことがはやっている。 自分で組み立てて好きな色にぬって作りあげるということと、とてつもなく速く走るというのがたまらないみりょくなのである。 五年生や六年生、中学生の間で大変なブームになっているのだが、三年生の四人も夢中になっている。 でも、家の中で走らせればすぐに壁やいすにぶつかってしまうし、外で走らせればすごいスピードでどこまで行ってしまうか心配だし、みぞに落ちたり、コンクリートの壁にぶつかってこわれてしまう。 模型屋さんの店先にコースがあるけれど、お兄さんたちにいつもせんりょうされていて、なかなか走らせることができないのだ。 だから、四人ともそのミニヨンクを思い切り走らせたことがない。 きょうは、みんながそれぞれのじまんのミニヨンクをもって、イサム君の家に集まることになった。

 イサム君のお兄ちゃんの部屋に、ミニヨンクを走らせるコースがあると聞いていたのだが、それを知っているのはイサム君だけだった。 しかし 見たこともない。 というのも、「コースを使わせてよ」「コースを見せてよ」といくらたのんでも、お兄ちゃんは、いつも「ダメ」の一言だったのだ。
 だから、みんながイサム君の家に集まった時、お兄ちゃんが「つかっていいよ」と言ってくれた時は、大変なさわぎになった。 こうふんのあまり、ナオキ君は、でんぐりがえしをして柱に足をぶつけてしまったし、タイチ君は、ぴょんぴょん飛び回ってひっくりかえっているナオキ君の体の上に乗ってしまったし、ヨシフミ君は、右手を高く上げインディアン?のようにきせいを上げた。 イサム君は、目を丸くしてお兄ちゃんに向かって「ほんと。ほんと・・・」と大声で連発するありさまだ。
 いつもなら「ちょっと静かにしなさいよ」というイサム君のお母さんも、このあまりの大さわぎに声も出せないでいた。 声が出せなかったのはもうひとり、タイチ君の弟のケンタ君。 ケンタ君は、イサム君の家がこわれてしまうのじゃないかと心配しながら、ただキョトンと立ちすくんでいるだけだった。 そう、きょうは、なかよし四人・たす・ひとりにケンタ君が参加していたのだ。
 みんなの喜ぶ姿を見て、イサム君のお兄ちゃんもすごく良いことをした気分になってうれしくなった。 お兄ちゃんの部屋をせんりょうした四人のさわぎはものすごいもので、その声のかたまりは火山の噴火を思わせるほどだった。 お兄ちゃんは、「すごいなあ」と食堂のいすでコーラを飲みながらニコニコしていたが、やがて大きくため息をついてから台所に立っているお母さんのそばに行って、あげたてのドーナッツを一つ手にとると、「アチ、アチ、アチチチ」と言いながら、どこかに行ってしまった。
 「さあおやつですよー!」
 「ハーイ!」「ハーイ!」
 「みんな手を洗っていらっしゃい!」
 「ハーイ」「ハーイ」「ハイ」
 「いつもそんなふうに元気な返事ができるといいわねえ」
 四人・たす・ひとりは、返事と同時に先をあらそって洗面所に走って行ったので、イサム君のお母さんの最後の言葉は、だれにも聞こえなかった。 みんな、アッというまに食堂のテーブルに集まった。
 たす・ひとりのケンタ君は、みんなの最後になってお兄ちゃんのタイチ君の横にすわったが、それに気がついたのは、イサム君のお母さんだけだった。
 テーブルの上の大きなお皿には、イサム君のお母さんが作ったドーナッツが山のように積まれていた。 大きいのや小さいのや、細長いのや丸いのや、同じ形や大きさのものは一つもなかったので、またおおさわぎのじゃんけんが始まった。 じゃんけんをして、勝った順番に好きなドーナッツを食べるというルールがいやだなんていう子はいなかったし、だれがそんなことを言いだしたのかなんてことも、ついきゅうする子はいなかった。
 二つ目のドーナッツを食べ終って三つ目になった時、ケンタ君が短いフランクフルトソーセージのようなドーナッツを最後に手にするまで、みんな待っていた。 そして、みんながいっせいに三つ目のドーナッツにかぶりついて、一瞬静かになった時だった。
 「車は、なんで走るんだ?」ヨシフミ君は、みんなが静かになるのを待っていたかのように言い出した。 いつもヨシフミ君は、「なぜ?」とか「なんだろう?」とかとつぜん言い出すのだ。 きょうは、「なんで?」であった。
 「車は、ガソリンで走るに決ってるよ」最初に応えたのは、なんでも最初が好きなナオキ君であった。ナオキ君は、かならず「決ってるよ」と言う。
 「そうじゃないよ。タイヤで走るんだよ」「決ってるよ」の大声の後、落ち着いた調子で「そうじゃないよ」と言うのは、これも決ってイサム君である。 「決ってるよ」「そうじゃないよ」は、ナオキ君とイサム君のいつもの合言葉なのだ。
 「決ってるよ。ガソリン」さっきより大きな声だった。
 「そうじゃないよ。タイヤだよ」ナオキ君より大きな声だった。
 「ちがうよ。車は、エンジンで走るんだよ」タイチ君が顔を真っ赤にして、ありったけの声をはり上げた。 タイチ君は、ナオキ君が「決ってるよ」と言ってイサム君が「そうじゃないよ」と言った後、決って二人よりもっともっと大きな声で「ちがうよ」と言う。
 「けっきょく、どれがほんとなんだよ」「けっきょく」のヨシフミ君が、天井に向けて両手を広げ、ちょっと首をかしげて言うと、みんなちょっと静かになる。 これも、いつものパターンである。
 みんな、食べかけの三つ目のドーナッツを思い出したように口にした。
 「決ってるよ」コーラを一口飲むと、小さな声でナオキ君が言った。
 「タイヤだよ・・・」ナオキ君よりもっと小さな声でイサム君が言った。 そして、コーラを一口飲んだ。
 「ちがうよ、ちがうよ、ちがうよ・・・」タイチ君は何度もそう言ったが、三度目のちがうよの声は、となりにすわっていたケンタ君にも聞こえなかった。 お兄ちゃんたちの話しをキョロキョロしながら聞いていたケンタ君だけは、三つ目のフランクフルトソーセージのようなドーナッツを一口食べただけ、コーラも飲んでいなかった。
 四人が、いっせいに二口目のコーラを飲んだ瞬間だった。
 「ボクしってるよ。ねえボクしってる」とつぜんの大声の主は、ケンタ君であった。 ケンタ君のこんな大声は初めてだったので、みんなコーラを口から吹き出しそうになった。
 「クルマはねえ、はしらないよ」「クルマはねえ、おとうさんがうんてんしなきゃはしらないよ」
 
 きょうの雨の日みんなは、ちょっとおりこうさんになったような気分になった。 車が走るためには、色々なものが必要なんだということがわかったのだ。 そしてこの日から、生田のなかよし四人組は、ケンタ君を加えてなかよし五人組になった。           
                   1991 JUN.S
[PR]
by jam909jam | 2016-09-19 14:02 | ★ショートショート